税理士の仕事は専門家としての期待が高い

サイトマップ

トップバナー

税理士は何をする仕事?

ガッツポーズの男性

税理士は書いて字の如く、です

とても難しい資格である税理士は、どういった職務内容をこなしているのでしょうか? 税理士は書いて字の如く、税務に関連している職務を行っています。法律で指定されている 税理士資格がある人だけが勤める事の出来る職務は、3つに分けることが出来ます。 1つ目は、税務に関連する申告、申請、請求不服の申請の代理、代行をする税務代理業務です。

先に述べた税務代理業務の申告というのは、法人税と所得税、住民税、事業税といった各管轄税務署に 申告書提出を変わりに提出するものです。申請は、所得税の納税予定額に関係している減額承認申請、 請求不服申し立ては行政を相手に顧客の主張を代理で申請する事を表しています。税理士だけが行える 2つ目の仕事は、税務書類を作る事です。税務書類を作るのは、税務署と地方自治体の税事務所、 役所の税務課への申告などに係る申告書、請求書、不服申立書を税に関する法令を利用して 作ることとなっていて、税理士の判断を元にして作っていくのです。

デスクワーク

税理士資格所有者の独占業務

書類の代筆や代書といったものは、税務書類を作ることには値しません。 今、地方公共団体と現金主義や単式簿記などの会計手法は、毎年の収支状況を明確にする事を 主な目的としているので、資産、負債、行政サービスといったものの費用負担の情報が足りない状態になってしまっています。

なので、新公会計制度が提示した会計モデルからの賃借対照表、資金収支計算書といった財務書類作成が 考えられますが、財務書類に対しては、税理士がする税務書類を作る事には関係しません。 税理士だけが出来る3つめの業務は税務相談となっています。金額の基礎となっている所得金額の具体的な質問への 答えや説明など、指示、意見といった考えを明確にすることです。 ここまでに紹介した業務は、税理士資格所有者の独占業務となっているのです。

このこともしっかりと基礎知識として知っておくとよいでしょう。

税理士の誕生と専門家としての期待

握手

法人など個人の税金に関係している、申請の代理、代行、税務調査を立ち会うことも行う税務代理業務というのは、明治29年に財政負担増を補助するために、業務税法が規定された事がきっかけに誕生しました。その時は、日露戦争からの影響で増税が重なったのので、 税務相談を依頼する際に、税務代理業務を独立で行えるようになったのです。

今の納税者が自分で税額を研鑽して、提示する申告納税制度というのは、小は22年に 所得税、放任税、相続税といった物の直接税の部類で作られたものです。 こうういった規定により、納税義務を法律に従い正しく行わせるために、高いレベルの 資質を持った税務専門家が援助しなければならないということから昭和26年に税理士法が 決まり、税理士資格が生まれたのです。

税理士資格者への期待は今後も増え続ける

ポイント 社会や、経済の変化、国際化ということが元になり、これから複雑で難解になっていく 税法に対し、税理士の活躍はとても増えるでしょう。平成元年の消費税導入から、 国民の税に対する注目が上がっているのですが、税法というのは一度読むだけでは 理解不能な物が豊富にあります。納税義務を正しく実現するという社会的役割のための 税理士資格者への期待は、今後も増え続けるでしょう。

そういった背景があり、税理士に任せられる責任と、業務内容も徹底してあり、 決められた事をきちんと守らなければなりません。日本の税制の基礎となる申告納税制度は 納税者に広く定着し、確実に成果をあげる実績は、納税者から信頼と職業から見ても 業務に勤める税理士の日々の努力はとても大きな物となっているのです。このこともしっかりと基礎 知識として押さえておかなかれればなりません。法律も年によって変わりますので、それらの新しい知識を常に持ち続けなければ ならないのです。

税理士の職務内容の基礎知識