信頼が大切な税理士への道

サイトマップ

トップバナー

税理士への道

指示を受ける人

税理士の資格

税理士の資格は、試験に合格した人だけが税理士に登録出来る訳ではないのです。 法律の専門家となっている弁護士や公認会計士は、とても高いスキルや資質から税法を充分に 理解しているであろうという考えで、税理士登録が可能です。

このほかにも弁護士、公認会計士でなく、国税に関する所定の事務に一定期間勤めた 国税税務職員、地方税に関係した所定の事務に一定期間勤めた地方税税務職員、 大学の教授、助教授、講師として3年以上勤めた人、博士、修士の学位を がある人は税理士資格試験の全部、または一部が免除となるケースがあります。

メモ紙

納税者の信頼を手に出来るかが問題

例を挙げれば、国税税務職員であれば税法、国税の科目の免除、地方税税務職員ならば税法、 地方税の科目の免除対象です。ですが税理士は、試験合格までの過程より、 税理士となったのちにどれほどの納税者の信頼を手に出来るかが問題になります。 納税者が全てを見せた状態で、税理士と信頼関係を築くことはとても難しいです。

節税、不動産、会社経営、相続問題といったものは、他人には言えないことを 話す事の出来る信頼関係がないのであれば、税理士としては苦悩するでしょう。 顧客の立場になりきり物事を把握し、瞬時に対応する事が可能な税理士が顧客に 信頼が得られる税理士であるでしょう。税理士は、口コミや紹介も顧客拡大の豊富な 要素の1つとなっています。顧客企業との良きパートナーでお互いに高め合い、 経営促進となる的確なアドバイスをする事で、税理士での信頼が得られるでしょう。

税理士バッジ

税理士バッジ

とても高い専門性が必要となり、資格自体が国家資格になる弁護士、税理士、行政書士、 公認会計士といった士業の中には、それぞれにバッジがあるのです。 この職業は、高いスキルと同時に公益性が必要になるのです。 士業を希望するのであれば、このバッジをつけて業務に就く姿を夢見るでしょう。

バッジは、様々な職業でデザインが異なります。例を挙げれば、弁護士のバッジは、 外側に自由と正義のひまわり、中心に公平と平等を求める事を表している はかりがデザインされています。行政書士のバッジは、コスモスの中央に「行」の 文字があり、調和と真心をデザインで表しています。

日本の国花である桜をモチーフ

ポイント 社会調和を狙って、公正、誠実に職務をする事に対し、国民と行政との絆での、 国民の生活向上と社会繁栄に勤めるといった使命を表現しています。弁理士は、 正義をあらわす菊の中心に国家繁栄をイメージした桐があるのです。更に、 税理士バッジは日本の「日」を表現する外側を縁取る円に日本の国花である 桜があります。桜を使っているのは、税理士の管轄が財務省外局の国税庁となっていて、 旧大蔵省をデザインしたものだと言われています。

税務署も、財務省の行動役での国家財政を補助する重要な役割があるので、 これも桜が使われています。税理士バッジは、昭和31年税理士法改正で、新しく日本税理士会連合会が作られた事をきっかけに作られました。更に、税理士は税理士会の 支部でのバッジと証票の点検が行われているのです。不正などは基本的にもともとありえないのですが、これにより、2重に不正を防止しているのです。

税理士の職務内容の基礎知識