公認会計士の合格率は安定していない

サイトマップ

トップバナー

公認会計士の合格率

メガネイメージ

試験に合格した人の体験談

公認会計士の試験に合格した人の体験談を紹介します。その人が受けた試験の合格率ですが、 14.9%だったようです。ですが、この確立には、旧試験制度の合格者も含めた合格率と なっているようです。ですが、短答式試験を受けたのちに、論部式試験を受けて合格した人の パーセンテージは8.5%だったので、先に述べたものとそこまで大きな誤差はなかったようです。

大体の想定で考えるのであれば、一度の試験で合格した人は、大体合格した人の15%から 20%程度のようです。ですが、例年では、10%程度だったようですが。事務所や、 補助署で聞いてみると大体この程度のパーセンテージが提示されるのではないでしょうか。 もしも、事務所や、補助署で聞いて見くのが面倒であれば、ネットなどで調べて見ると 結果が出てきますよ。

驚きイメージ

頭の中の状況と現状が異なる事も

人数にして見ると、100人中、8人から9人が合格し、一度の受験で合格する事が出来る人は、 100人居れば、1人から2人といったことになります。試験制度が変更されて、働きながらでも、 受験が可能となっているので、便利です。更に、現在合格率が二桁になったという話しも あるようですが、実際に行うとなると、頭の中の状況と現状が異なる事があるでしょう。

そういったあたりを正確に理解して置かなければ、とてもリスク高い物となるでしょう。 実際に誰でも受験が可能な物となるかもしれません。これから会計士を増やそうとしている 動きが感じられますよね。ですが、実際に今の現状で見るとすれば、働きながらの 受験などよりも、きちんと環境が整った状態で受験する方がいいのです。 実際に提示されたパーセンテージよりも、少し下を意識した方がいいでしょう。

税理士試験の特性を捉えた勉強

本イメージ

税理士の試験を受ける際に、一度に沢山の科目を受験すれば力が分散され、結果が 期待できません。その理由には、税理士試験が競争試験であることが関係しているでしょう。 実際は、各科目で合格点は6割程度としていされているので、6割の問題に正解すれば いいのです。ですが、毎年難易度は変更されますが、科目の合格度は変わりません。

といった背景から、試験委員側が合格点を考えられます。受験者の平均点が低いのであれば、 6割より下に指定し、逆であれば6割より上にしているのでしょう。そのようにし、 合格率が同様になるように合格点を決めているのです。なので合格点は本当に決まっている 訳ではないのです。決まっているのは合格率ということになります。

1科目だけを絞りその科目に力を入れる人も

ポイント 各科目の合格率は10%前後となっているので、合格するためには其の科目の受験者のうちの 上位10位に入っていればいいのです。なので、1科目だけを絞り其の科目に力を入れる人も いますが、受験科目を増やし力を分散させてしまうほどに自分に不利益となるでしょう。 試験科目が計算だけであればいいのですが、他の科目はとても多くの難問があるのです。

記述問題は、一字一句間違えていないほどの正確な記憶が必要になるので、 そういった事を考えると勤務しながらの税理士資格を得ようと考えている人は、 極力科目を押さえ、1点1点に集中する事が必要になります。どういしても科目を 増やしたいのであれば、それなりの武器を持って置く必要があります。5科目全ては無理でも 仕事と両立しながら2から3科目同時の受験が可能になるでしょう。 得意分野を半分以上の科目で持つことで、苦手分野をカバーしていく、といった形での 学習方法になります。

税理士の職務内容の基礎知識