個人個人のゴールかスタートの基準

サイトマップ

トップバナー

ゴールかスタートか

頭を抱える姿

他の仕事と同様の楽な仕事には値しない

受験の差には、合格する事を目標にしていたと思いますが、いざ税理士になった際には、 実際がここからがスタートだと感じることが多いのではないでしょうか。資格が あったとしても仕事は、自分自身で働いて努力をしなければ、依頼はきません。 反対に相談を受けた際にも、何もスキルがなければ、または仕事の質が良くなければ 顧客はつかないでしょう。

資格を見つけて高収入を得ようというようなキャッチフレーズに惑わされないように しなければなりません。仕事は、営業力と業務の質がとても大切になるのは、 通常の企業と同じことです。資格があるといっても自由業となるので、これから先の 自分の努力に関係するという事歯、他の仕事と同様の楽な仕事には値しないということを 覚えておかなければなりません。

オフィスシーン

クオリティーとスキルが必要

自分のクオリティーとスキルが必要になるのです。そういった事も自分次第です。 平成14年の4月から広告が自由になり、報酬の規定の撤廃といった事が関係し、 営業しやすく放っていますが、その分報酬の上限が落ち着いてきたということに なってきているのです。ということは、本当に自分の実績と経験と知識が必要になると いうことでしょう。

ですが受験中であるのならば、何を考えるよりも、試験合格をゴールとして優先し、 考えたほうが励みになると思います。受験自体が、自分自身の努力の形となっているの ですから。ですが、今ここで紹介した事をきちんと頭の中に入れておかなければ、 やっと合格したと言って気を抜いていては、現在勤務している人においていかれてしまう ことになりかねません。

勤務しながらの受験

勤務イメージ

受験に専念するか、仕事を行いながら受験するのかといった問題は、誰もが考えることだと 思います。とても難しい問題となっているでしょう。短期の合格を目指すのであれば、 受験に専念するほうがいいと思います。ですが、各科の合格率は10%程度となっているので、 専念したとしても受かる保証はないことを覚えておかなければなりません。

税理士の登録には、会計事務所か会社の経理といった仕事の実務経験を2年積む必要があるの です。実務経験がないのであれば、5科目全部受かってしまった場合に、実務経験目当ての 腰掛就職と見られてしまい、そういったものが狭くなってしまうのです。仕事をしながらだと、 勉強時間に時間を費やせずに、受かるまでに時間が必要になる可能性があります。

勤務しながら受験する人も

ポイント ですが、大体の人は、働きながら勉強するようです。実際に、2年間は受験に専念し、 のちは会計事務所で勤務しながらの受験をしている人もいます。試験では、実務内容を 知っているほうが有利な問題があるのです。税理士試験は5科目を一度に合格せずとも 1科目ずつ合格する試験なので、有効期間が一生続くということもあり、勤務しながら 受験する人が多くいるようです。

周囲に目を向けてみると、基本的な企業や銀行といった場所に勤めている、または、 勤務していた合格者の人もいるのです。なので、合格者の年齢は30歳代や40歳代の人が 多くいるようです。若い人が合格することもありますが、実際に実務経験がない状態で 合格した人の苦労は実務経験がある人と比べて計り知れない苦労があるということになります。 実務経験は必要不可欠なものなのです。ですので、資格を持っているからといって すぐに雇ってもらえるとは思わない方がよいのです。雇ってもらえても修行時期がかなり必要だと覚悟が必要です。

税理士の職務内容の基礎知識