税理士法人は分担することが大切

サイトマップ

トップバナー

税理士法人とは

都市イメージ

都市部を中心に現在とても多く増えている

ここでは、税理士法人について、ご説明いたします。まず、税理士法人とは、平成14年に 税理士法が改正されたことによって、税理士法人が成り立つことが認められたことを覚えて おいてください。それは、会社で表してみると、合名会社となる形態となっていて、 その社員は業務執行社員としての役割を持っていて、その責任は無限責任となっているのです。 それは、ある意味では無限責任の連帯責任という見方をすると有限会社の社員以上の 責任業務となっていることが分かると思います。

更に、その会社の社員全員が、税理士法人としての仕事しか受ける事が出来ないという点が あります。そして、社員全てが税理士法人を代表として、業務を行うのですが、 定款といった代表者員を決めることもここでは大切になるのです。そして、株主といった 特権も兼ねているのです。とても複雑となっている税法に対応するための複数の税理士から 成り立っている組織となり作成された税理士法人というのは、都市部を中心に現在とても 多く増えていることが分かっています。

汗を拭く男性

税理士法人に対するデメリットも

ちなみに、現在の数は、大体1500件程度でしょうか。そして、税理士法人のデメリットに ついてご紹介しますが、直接的なデメリットは、税理士会の回避が二重にかかってしまう という、税理士法人に対するデメリットがあります。税理士法人から見てみれば、 源泉所得税徴収義務というのは、会社がなくなってしまう複数の税理士が居る事に安心感を 得た上に、1人の税理士事務所であれば税理士1人に集中してすまうという、経営判断と なるのですが、それが事務所であれば多くの税理士がいるので、それらの責任が他の者に 移るということになっています。

有資格者

チェックする人

そして、税理士法人だけでなく、有資格者が多くいる場合か、それに適応するベテランの 受験生の入社を控えている事務所であれば、とても多くの高いテクニックでチェックが 出来る税理士を持っていることなどが強みとなっているのではないでしょうか。 その理由は、税法や会計のその他の業務のことになりますが、とても多くの数値を 扱う必要があり、1人で全てのチェックを行うのには、とても大きなミスを生み出して しまう可能性が出てくるのですが、実際に多くの税理士が在籍している事務所であれば、 そういったチェックを行う際に、そのようなミスを防げることに繋がるのです。

上手に分担されていなければとても大変な作業

ポイント なので、ミスを防ぐためには事務所の全体の形態の構築が上手に分担されていなければ、 とても大変な作業となってしまうのです。更に、税理士により得意不得意分野があることは、 もう皆さんお分かりだと思いますが、消費税といった新しい法律への対応が難しくなっていて 実際に相続税などを中心にした、資産税への対応をすることが難しい税理士も事務所の中に いるのが実態となっています。

税理士の職務内容の基礎知識