ブラック事務所の見分け方の特徴を理解する

サイトマップ

トップバナー

ブラック税理士事務所の見分け方

人イメージ

事務所に登録されれば1年間は辞めない

ここでは、税理士になる際に言わばブラック会社となっている、税理士事務所の見分け方に ついてご説明いたします。まず、税理士事務所はサービス残業や、突然の解雇といった ブラック企業が多く含まれていると言われている職種でもあるのです。税理士事務所は、 上場企業とはなっていなく、情報が少ないので入社する前にブラック企業かどうかを 判断するのはとても困難なのですが、その際の見分け方を個々では紹介いたします。 これをご参考によりよい事務所に所属してくださいね。

まず初めに、求人が多く出ている事務所についてです。税理士事務所でいつも人手が 足りないという場所は、滅多にないと考えていいでしょう。その理由で考えられるのは、 顧客が増えた、税理士が辞めたといった理由が考えられます。通常企業のように、 新しく事業を立ち上げるなど、新しい店を出すといった事はまずないでしょう。 求人に出すとしても、多く半年に2から3人程度だと考えていいです。なので、2から3人の 採用であれば、求人を出すと応募がすぐあり適切な人が見つかるのですが、基本的に 1度採用し、事務所に登録されればその人は1年間は辞めないという定義があります。

注意イメージ

頻繁に求人を出している所は注意が必要

そして、人材が比較的に見つかりやすいのに、頻繁に求人を出している所には、注意が 必要となります。それは、採用の条件が厳しかったり、採用されたはいいが事務所の環境が 悪く辞めてしまったという原因が考えれます。そして、求人に応募を出せば、原則として 応募者を採用したか不採用したかを告知しなければならないのです。 なので、担当者に気になる事務所の資料を持っていけば、「過去何人応募」で「過去1年何 人採用」なのかといった事を教えてもらえます。このような情報も就職の際の情報として大きく役に立ちますので、 ぜひ聞いておきましょう。単に面接だけをうけて帰ってきてしまっては、そのあとにもし他の事務所の面接を受ける 時に役立つ知識などを損してしまうことになるのです。

よりよい事務所

就職活動イメージ

そういった情報があるなら、それにより判断が可能だと思います。従業員全員で3人しか 勤めておらず、過去1年で5人採用しているような事務所は明らかにおかしいと考えて いいでしょう。そして、次は基本的な相場よりも給料が高い場合です。相場の給料よりも 高く設定してある事務所には、注意しなければなりません。複数の求人を目にすれば相場を 判断する事が可能です。諸手当や通勤日を含めた金額での比較が効果的でしょう。 そして、次は年配の人が多い事務所です。

3人いる中で全て年配であれば注意

ポイント年配の人がいるのは悪い訳ではないのですが、3人いる中で全て年配であれば注意しなければ なりません。年配になればなるほど優秀な人が多いのです。採用した人が辞めたなど、 顧客が増えたといった理由があるのであれば、問題はないと思います。ですが、そういった 理由がないのであれば、新人を育てるための事務所ではないということが分かるでしょう。 このようにして、事前にブラック事務所を判断してよりよい事務所を探しましょう。

税理士の職務内容の基礎知識