必ず税理士登録を行い仕事内容の誤解を解く

サイトマップ

トップバナー

税理士登録について

書類確認

税理士の資格を持っている人が登録

税理士になるためには、税理士の資格を持っている人が登録しなければなりません。 登録の申し込みは、登録する事務所の所有地にある税理士会に申請を出し、税理士会の調査を 終えたのちに、日本税理士会連合会にその書類が送信され、登録完了となります。 この税理士資格を登録する事が出来る資格は、税理士試験合格者や、弁護士、 公認の会計士などとなっています。

更に、税理士の試験に合格しなくても、租税に関係している業務か、会計に関係した業務を 政の令で指定された業務を行っていた期間が、2年以上あるのであれば、試験免除として 税理士の登録の条件に値するのです。ですが、税理士の登録には、欠格条件として、 登録拒否する事もあるので、注意が必要になります。税理士となる資格がない人の、 欠格の条件の中にあるものを紹介していきます。これらの知識もしっかりと押さえておく必要が あります。

電話確認する男性

無事に税理士に登録が完了したら

まず、未成年者である場合。成年被後見人、非保佐人。破産し復権がない人、法律を違反し、 何かしらの罪がある人、通告処分を受けた人で規定された期間を超えていない人、 税理士の登録を拒否する理由の中には、次の事柄があげられます。 報酬のある国会か、地方公共団体の議会か、非常勤の職を除く、公職者。そして、脱税と 不正に税金を受け取った人で2年以上経過していない人。そして税理士として不適切にあたる人が 税理士に登録する際には、登録資格だけではなく、欠格条件と登録拒否の事柄に適応してないかを 見る必要があるのです。

このような厳しい審査を終えたのちに、無事に税理士に登録が完了した人は、税理士法の 定められた条件によって、自分が勤める税理士事務所の所有地の税理士会会員になる事が 義務付けられているのです。こういった登録語の即入会制度は、弁護士や公認会計士でも 同様の業務の改善の進歩を狙った組織である必要があるので、規定された登録制度となります。

仕事内容

職場へ向かう女性

税の専門資格の、税務官公署と納税者をつないでいる税理士は、どういった職務を行っている のでしょうか。税理士の仕事に対して、税に関係している仕事、定年がない、自由職、 高い収入が得られる、転職がないといったイメージは出てくると思いますが、正確な説明が 可能な人は案外少ないでしょう。通常、知られている帳簿の記帳や、確定申告などは、 税理士の職務内容の本当に1部の物となっています。

税理士の職務の税理士法という法律の中に、正しく規定された、税理士のみが行うことの出来る 独占業務に一緒に行うことが認められている、会計業務の2つに分けられているのです。 日本には、法人税、所得税、消費税、相続税といった色々な税金があるのですが、会社に 勤務している人は、源泉徴収や、年末調整の制度が関係してきます。

税理士の独占業務の1つ

ポイント ですが、事実、このような税金に関係している申請書を、税務署に提出した経験がある人は、 案外少ないのですが、家を売った時、退職して事業を始めた時、親族者が亡くなり遺産相続の際には、 絶対にこの申請書を書いて、税務署へ提出しなければならないのです。こういった税務署には、 申請の煩わしさや、作ってみても申告を諦めてしまうことがあります。納税者の依頼に基づいた 業務書類を作るという業務が、税理士の独占業務の1つとなっています。

税務書類を作るには、税に関係している間違いのない知識が必要となり、税理士資格者でない人が 報酬をもらい、税務書類を作るのは、法律違反となります。それ以外に、税理士の独占業務で、 申請と申告を代行している税務代理という税務相談があります。税務代理職務は、申告署を 出すのは絶対ですが、納税者の考えを代行しなければなりません。納税署と税務に対して考えが 違ったりなどの問題で、納税者が納得しないのであれば、不服を申請する事が出来るのも 税理士の独占職務となっています。このように複雑な仕組みになっていますので、自分の相談したい内容が きちんとあっているかを理解する必要があります。

税理士の職務内容の基礎知識