重要視される会計業務と試験

サイトマップ

トップバナー

会計業務

整理された書類

3つの独占業務がある

とても多くの知識が必要不可欠である税理士の資格は、税務の書類を作る事、税務代理、 税務相談といった風にわけて3つの独占業務があるのですが、実際に、この独占業務に 基づいて行うこととなる会計業務といった業務はどのようなものなのでしょうか。 実際、この会計業務が税理士にとても大切な、収入源となっているです。 税理士の付属業務となっている会計業務というのは、税理士以外の人がする事も可能な 職務となっているのですが、税理士の3つの独占業務と一緒に行われる会計業務も 企業から委詫を受けてしまうことがあります。

企業からの、税理士の報酬を見ても、会計業務の報酬がとても大きな割合となっています。 税理士の会計業務は、どのような事柄となっているのでしょう。企業の法人税の申請とは、 日ごろの金銭の動きも帳簿に正しく記帳しなければなりません。この帳簿の記帳を 正しく行わなければ、税金の計算と申告も正しい物を提示できなくなります。

ビジネススーツの女性

指導と助言を行うことが求められています

なので、税理士は、独占業務と一緒に会計業務を行うことが多くあり、仕訳帳といった 会計帳簿の記帳代行、賃借対照表や、損益計算書、資金繰り表といったものを作る業務です。 更に、税理士が、企業の要求に対して、脱税をする事は絶対にあってはならないことです。

もっとも悪質となっているケースには、1年以内の税理士資格業務の停止、税理士資格業務の 禁止といった処分が下されるのです。税理士の一緒に行う職務の会計業務は、企業や 個人事業者への税法の規定に対した節税や、正しい納税義務を行う事となっていて、 税の専門家の税理士に会計処理の指導と助言を行うことが求められています。

税理士試験

マウスをクリック

税理士が行う業務には、最初に税理士の登録を行う必要があります。更に、税理士としての 登録をするために、資格が必要になります。税理士は、税理士試験に合格した人でなくても、 税理士の資格を得られることがあります。弁護士や公認の会計士がそれに値します。 業務経験がなかったとしても、税理士としての登録が可能なのです。

ですが、弁護士や公認の会計士に値ししない税理士の試験合格者と、税理士の試験免除者は、 実務の経験が2年以上ないのであれば、税理士としての登録の資格をもらえません。 税理士の試験は、毎年1回行われているのです。試験の科目は、会計科目、税法科目といった 合計で11科目の試験を受けることが可能となっています。

3科目を受験する事が可能

ポイント この11科目の全部を受験する訳ではなく、帳簿六、財務諸評論といった合計した科目2科目が 必要項目になるのですが、脱税科目9科目は、その中の3科目を受験する事が可能です。 こういった物を合わせ、5科目の合格があればいいのです。ですが、脱税科目9科目の中の3科目を 自由に選択できる訳ではなく、放任税法と所得税法のどちらかを絶対に選び、消費税法と 酒税法、住民税と事業税のどれか1科目のみしか選べないという決まりがあるのです。

税理士に合格したいのであれば、どの5科目を選ぶかとても悩むと思います。ここで注目する点は、 税理士の試験は、他の国家試験と異なり、一回の試験で5科目全部合格する必要はないと言う点です。 税理士資格を持っている人の、採点方法により、一回合格になった科目は一生有効なのです。 なので、何年もかけて、合格を目指す人が沢山いる事も税理士の試験の特徴なの です。税理士という職業につくにはそれだけ大変ということです。しかし資格を持っていれば本当 に役立つものなのです。特にこの職種はずっと役立つものでもあります。

税理士の職務内容の基礎知識