受験資格を取るにはスキルと段階を踏む

サイトマップ

トップバナー

受験資格

ビジネス街でたたずむ人

受験の資格

税理士の試験を受けようと考えている人は、最初に受験の資格を見てみましょう。 税理士の試験は、なろうと思っても誰でも受験の資格を与えられる訳ではないのです。 学識や資格、職歴からの受験の資格が必要になります。識学の受験で資格を得る場合は、 大学か短大に卒業した人で、法律学や法在学をある程度の必要条件以上の科目を 勉強した人や、大学で3年以上法律学問か法律学、経済学を条件以上の科目を勉強した人、 司法試験に合格した人などが値するでしょう。

資格での受験の資格を得るのであれば、日商簿記検定1級の合格者、全経簿記検定で 上級合格した人が値します。職歴で受験資格を得るのであれば、法人か事業をする個人の 会見に関係した仕事にある程度の期間勤務した人、金融系の企業に資金の寄付と運営に 関連した仕事を行ったいた人が値します。

資格取得

自分のスキルを磨く

ですが、実際に試験に合格しても、すぐ税理士になる訳ではないのです。税理士の業務は、 会計業務を全般とし、相続問題、経済相談といった物が多くあります。最初のうちは、 税理士事務所に所属し、自分のスキルを磨かなければなりません。税理士として毎日 スキルを磨き、業務の幅を広げて行く事で、人脈を作る事にも繋がるでしょう。

税理士として、独立の開業を行いたいのであれば、大体の顧客を得たのちに 独立を考えると効果的でしょう。最初は、税理士の合格が税理士としての一歩になります。 大体毎年夏に開催される受験に合格し、沢山の業務に対応可能な税理士になりましょう。

税理士試験の道のり

税理士の試験を受けるのには、法律学か、経済学を履修科目としている大学か短大を卒業した人や 学識者、簿記検定を1級持っている人、司法書士、行政書士といった物に3年以上勤めた経験の中で、どれか1つが受験資格に値します。万が一、受験資格がない状態で税理士の資格を とろうと考えるのであれば、簿記資格を得る事を考えましょう。

勉強する人

簿記検定の試験は、大体年間で3年実施されているのです。更に、簿記検定の試験で学ぶのは、 税理士試験の際の、試験科目にもかぶる部分があるので、税理士試験への学びとしても、 とても約に立つのです。簿記検定に合格した後に、税理士試験へ挑戦が可能となるのです。 簿記検定に合格した後は、税理士の試験の科目にもある簿記論の知識が豊富な状態なので、 勉強がスムーズになるのではないでしょうか。

簿記の知識を見つける事
案内する女性

ポイント 学歴、資格、職歴のどれかの受験への資格がある場合となっていても、簿記2級程度の知識は、 最低限必要になります。試験の科目に、簿記論が1番最初に必要となる科目になる事が多くあり、 簿記の2級程度の知識があるのであれば、大体どの科目からの学習もスムーズです。

ですが、簿記の知識があまりない状態で、税理士の試験を受けるのであれば、 固定資産税、酒脱法、国税微収法といった物から学ぶといった手順もあります。 ですが、簿記論は税理士の試験科目の選択には、とても大切なものとなるので、 今後を考えるのであれば、簿記の知識を見つける事が税理士試験を合格するための ポイントになるのです。簿記のニーズは税理士にならなくても、会社の通常業務でも ありますが、税理士になるためには必須といってもよいでしょう。最低限の物であって当然、と 思って差し支えありません。

税理士の職務内容の基礎知識