資格があれば活躍分野と収入が増える

サイトマップ

トップバナー

活躍分野

仕事中の様子

資格がある人が活躍する場面は豊富

税理士の資格がある人が活躍する場面は豊富にあります。複雑な税法が、更に ハイレベルになり、国際化も進行し、実際の税務業務と会計業務中心の食内容だけでなく、 個人の資産や、企業の経営などに関係したコンサルティング業務に関係した分野でも、 税理士の資格がある人の活躍がとても期待されているのです。 通常の、税理士の業務は、企業と顧問契約をし、帳簿を作り、計算報告書や、 法人税、所得税、消費税といった申請書を作る業務が主です。

この基本となる税理士の業務は企業の経営状況と、経営の実態を明確に把握する立場なので、 企業の将来への願望や、数値目標といった経営計画、これからの長引く不況に影響されない ための、財務戦略など、効率的な事業運営のための企業組織再編といった物に関係した、 アドバイスで期待される立場となっているので、税理士業務の自然な流れです。

打ち合わせイメージ

収入を増やすことも出来る

更に、税理士の個人の得意分野を活用する事により、税理士の業務の収入を増やすことも 出来るのです。都市を譲渡所得、相続税といった業務は、一件での税理士の収入がとても 高いので、この分野だけの活動を行う人もいます。このほかに、学校運営や芸能人、 医者、スポーツ選手といった特定の業務だけを行う人、独自のノウハウで税務に 関係しているコンサルティングを実施して、特化した分野だけの活動を行う税理士も 最近増加傾向にあります。

そして、独立の開業で収入が大きくのびている人もいます。税理士の業務には、 全部が自分の手にかかってきますが、努力した成果が実際に自分に返ってくるので、 税理士の独立開業というのは、とても大きな魅力の1つとなっているのではないでしょうか。

企業で活躍する税理士

とても難しいの税理士試験に成功し、資格を得た人みんなが独立開業や税理士事務所に 勤めている訳ではないのです。例えば一企業の職員での雇用され、税理士資格を 活用し税務全般を担当する人もいます。このケースでは、企業と顧問契約をしている 税理士は月に1回程度の訪問することとなり、企業内に税理士資格所持者がいる事により 毎日の業務の色々なトラブルを瞬時に解決する事が可能となるのです。

活躍する男性イメージ

法人税や所得税、事業税といった税務申告、役員の所得税に関係する確定申告、従業員給与の 源泉徴収、年末調整、社会保険料の計算といった高額な契約料を顧問税理士に払うよりも、 自企業内に税理士資格所持者を雇用した方が企業側のコストカットに繋がります。 なので、企業内で活動する税理士は待遇面で手厚く保護されている事でしょう。

身近な存在での活躍が期待される

ポイント 大企業であれば、企業に勤める税理士の役割はとても多くになるので、豊富な 税理士資格所持者が税務部門を作成し活動するケースも増えます。他の顧問税理士よりも 身近な存在での活躍が期待される部門となっていて、会社の規模に適応した 膨大な仕事に勤めるとても大切な役割を行うのです。銀行、証券会社、保険会社といった 金融企業を中心に、税理士を雇う企業がこれからも増えるでしょう。

税理士での独立や開業を目指す人が多くいますが、企業内で税理士資格やスキルを 活躍させる事も選択肢の1つとして考えましょう。個人の税理士事務所に勤めるよりも、 企業所属の税理士であるほうが雇用条件と待遇面は効果的なようです。 これは担当する企業が契約を解除したり、といった独立した税理士と違い、その企業に専属して雇われているからです。

税理士の職務内容の基礎知識