公認会計士と税理士は根本的な作業が異なる

サイトマップ

トップバナー

税理士と公認会計士の違い

ビジネスツール

税理士と公認会計士の異なる点

税理士の資格と公認会計士の資格の業務の異なった点、何でしょうか?どちらも業務内容は、 異なります。分かりやすい業務内容の異なった点は独占業務の内容です。税理士の独占業務は 税務代理と税務書類を作る事、税務相談への、公認会計士の独占業務は財務書類の 監査と証明となっているのです。

こういった公認会計士の監査と証明業務というのは、会社が作った財務諸表の内容や虚偽や 申告漏れを確かめる適性を判断し、万が一内容に相違があるのであれば修正の指導を 行う業務です。内容に不備が見つからなければ、その証明を作ることが公認会計士の 独占業務となっています。

ワーキングマン

同様の業務内容と間違えられやすい

ですが、全部の企業が公認会計士の監査の証明を必要としている訳ではないのです。 公認会計士の監査とその証明を行う会社は、5億円以上の資本金か、 200億円以上の負債総額がある会社、証券取引所での上場している会社か 店頭登録を行っている企業、国や地方公共団体から補助金を得ている私立学校、 労働組合その他一定法人がその対象になっているのです。

なので、沢山の会社は公認会計士の監査と証明を依頼する必要性がなく、税理士と 契約のみの場合が多くあるのです。ですが、税理士と公認会計士は独占業務と 対象となる顧客が目に見えて異なっているのに対して、同様の業務内容と 間違えられやすい職業なのです。公認会計士が税理士試験をしなくても税理士業務を 行うことが許されていることも原因の1つになっているのではないでしょうか。 ですが、税理士は公認会計士試験に合格していなければ、公認会計士業務は出来ないです。

税理士とファイナンシャルプランナー

税理士は、独占業務の他に企業経営と戦略のコンサルティングの業務があります。 税理士のコンサルティング業務と似ている職業となっていてファイナンシャルプランナーという 資格が設けられています。ファイナンシャルプランナーは、個人の収入、支出や財産、 家族状況、負債といった情報を手に入れ、その人に適したライフプランニングを提案し、 個人の財産形成を手助けする専門家となっています。FPと言われる事もあります。

含まれていない分野を学ぶ事が出来る

ポイント ですが、税理士の独占業務は法令で決定されていることなので、FPは具体的な顧客の 数値データに適した相談業務をする事などは認められていません。ですが、こういった 相談業務をするために税務の知識や簡単な案内業務が難しければFPとして顧客の 希望に応えることは難しいでしょう。このFP試験の学習内容に含まれる、金融商品と株式、 保険、不動産、ローンといったとても広い知識が必要になります。

歩くビジネスマン

税理士試験の学習する事には含まれていない分野を学ぶ事が出来るといった背景から、 豊富な経営相談の知識をもっと覚えるためににFP試験を受講する税理士が増加しています。 FPは個人に適したライフプランナーなのですが、税理士は個人事業主といった 企業を対象に経営コンサルタントをしています。経営戦略は、会社の規模が 増えれば増えるほど難易度があがると言われています。

事業を大きくするのであれば、人の雇用問題や税務処理、資金操作での迷う問題は多くあります。 個人事業主や中小企業では、税理士はとても近い相談相手なのです。顧問契約を結ぶ 事業主や企業の経営者の相談に的確なアドバイスをして、経営状況のマネジメントをします。 実際に、税理士資格は国家資格の事ですが、FPは国家資格と民間資格の2種類となります。 国家資格はファイナンシャルプランナー技能士、民間資格はAFPとCFPとなっています。 CFPは国際ライセンスとなっていて、AFPの上位資格となっているのです。ファイナンシャルプラナーは 位置づけとして、税理士より下になっていますが、りっぱな国家資格なのです。難易度も税理 士と大きく変わらないくらいむつかしいのです。この資格を持っていれば、それだけでも十分に食べていけるだけの ものと現在はなっています。かなり大変な資格ではあるのですが、それでも資格だけでは生活はできないのが 実情なのです。

税理士の職務内容の基礎知識