独立で開業して一人前になろう

サイトマップ

トップバナー

独立開業

自由イメージ

収入は基本的に高い印象がある

税理士資格者の収入は、基本的に高い印象があるでしょう。ここで、実際税理士に 登録した際の収入がどの程度になるのか把握し暗礁?税理士は、定年や転勤がないので 自由な事が魅力となります。企業に勤めている職員ならば、自分の考えを中心に動いていては 組織として成り立ちません。

上司の方針に促されながら行動し、提示された業務を遂行しなければならず、自分の意に 沿わなくても上司の指示を行わなければならないことが多くあるのです。 なので、独立開業した税理士は自分の考えの上で、行いたい分野を全て自己責任で 業務する事が可能なのです。

階段を上がる男性

一生の仕事として取り組む事が可能

更に女性であるのであれば、出産、育児後の職場復帰等も不安を少なくし、一生の仕事として 取り組む事が可能な事も税理士資格の魅力の1つでしょう。一生の仕事に出来る点では、 80歳代であっても現役の税理士がいるのです。一般企業と異なって、40歳代から70歳代の 高い年齢層が税理士登録者の8割形となります。収入の面でも、税理士事務所の 平均収入金額はおよそ3,000万円くらいだと言われています。ですが、税理士として 独立開業した後に、すぐ高収入となるのは困難ですが、 開業後10年をたった税理士事務所の大半が収入が大きく伸びているのです。

税理士は、自身のスキルと営業努力と顧客の信頼関係を築くことにより、収入に大きな差が ある職業です。独立開業する税理士になるのであれば、最初は年収1,000万円程度を 目標にするといいでしょう。そして、圧倒的に男性比率が多く入るのが税理士の特徴ですが、 現在は女性税理士も増えています。女性が増える事によって、女性ならではの アドバイスやコンサルティング、税理士業界が活性化されることも同時に期待されています。

税理士の報酬

女性イメージ

税理士の報酬はどの程度なのでしょう?税理士の報酬は法律に適した、その最高限度額に 関係している規定を税理士会が行うのです。こういった額に対して、 税理士資格業務の公共性から過去の事例を参考にした場合、不当な額の報酬から 納税者を守る目的で指定されているのです。

報酬の最高限度額

ポイント 更に、税理士資格者の対して業務活動を保障し、税理士の違法、不当な利益追求を 排除していくために、法律にを元にした税理士報酬となっているのです。 税理士収入は、税理士の独占業務に関係している税理士業務と会計業務の報酬が占めます。 税理士業務報酬は、税理士業務の継続的で包括的な委嘱に関係する税務顧問報酬、 法令を元に申告を代理する、代行する事によって受ける税務代理報酬、 不服申し立てをする代理報酬、納税申告書といった税務書類の作成報酬、 税務相談に関係する報酬、調査立ち会い報酬といった物で区別されています。

多忙イメージ

その他に、日当、旅費または宿泊料では、別途報酬を受け取ることが可能です。 税理士業務と一緒に、財務書類を作る、会計帳簿の記帳代行といった 会計業務であっても、税理士報酬と同様の報酬の最高限度額が決定されています。 会計業務は、会計顧問報酬、記帳代行報酬、決算書類作成報酬、他の書類作成報酬、 会計相談報酬が存在します。

会計業務の報酬金額は税務顧問報酬金額が基礎で、個人であれば所得税、 法人であれば法人税の規定があるのです。税理士はこういった税理士業務報酬と 会計業務報酬を必要とし、税理士の使命に関連した日々業務を行っているのです。 簿記さえ持っていれば誰でもできる、と思っている人も多いですが、実はかなりハードな職務内容なのです。 簿記と言うのは、この職につくための最低限のものだと考えても問題ないでしょう。雇ってもらう上でも簿記の高い 検定級をもっていないと相手にされないことが多いです。

税理士の職務内容の基礎知識